iso9001 iso14001
品質システム
ISO 9001
(平成11年2月1日審査登録)
認証範囲はこちら
県下初環境マネジメントシステム
ISO 14001
(平成12年4月10日審査登録)
認証範囲はこちら

土地活用とは、一般的に土地を所有しているだけの土地を有効に活用することで、月々に一定の収入がある収益不動産にすることです。
土地活用は生活や仕事の場などの提供につながり、所有者はもちろんですが活用の先にいる人たちにも生活の安定や幸せをもたらしてます。

そう考えますと、土地活用は他の人々に役立ち、収入以外の大切な気持ちも受け取ることができるのではないでしょうか。
以下で野田グループが提案する土地活用についてご紹介します。

高齢者向け住宅

野田グループでは、これからの日本の社会情勢を見据え、大きく社会に貢献できる高齢者向け住宅による土地活用をお勧めしております。

賃貸マンション

野田グループの賃貸マンション事業は、国際規格ISO9001に裏付けされた、資産価値を高める高品質賃貸マンションのオーナーシステムです。
遊休土地資産を有効に活用し、高利廻りを実現。土地診断、企画、資金調達のお手伝いから施工、アフターサービスまで、野田建設の経験豊かなスタッフがお手伝いいたします。

A Dream Neo (ア?ドリーム ネオ)

ア・ドリームシリーズのマンションは低家賃設定を追求し続け、綿密な工程管理と効率化を考えた設計により、コストダウンを実現しました。

GRANINCOME(グランインカム)

10mの高さ制限には3階建てのマンションしか建築できないという常識を破り、4階建てのマンションを建てることで、150%の収益が見込めるようになりました。

戸建賃貸住宅

CLEA(クレア)

新築の同じクラスのアパート・マンションと比較しても、2・3割高い家賃でも借り手がつき、入居期間も長いと言われています。低コストで狭小地・変形地でも建設可能なので、リスクヘッジを重ねた安心の投資を実現できます。

page-top